ショート法
体外受精を行うには卵子を採卵できなければ何も始まりません。

たくさんの卵子が採れれば、その中から質の良い卵子を受精させることができたり、場合によっては卵子を凍結保存して、別の周期に融解して受精・移植させることも可能です。

しかし、卵子が採れなければ受精させることすらできないのです。

そのため、採卵時に排卵をコントロールしてたくさんの卵子が採れるように排卵誘発剤を投与していく必要があります。

体外受精で行われる排卵誘発法にはいくつかの種類がありますが、その1つにショート法というものがあります。

ここではショート法のメリット・デメリットや治療の流れのスケジュールなどをご紹介していきます。

スポンサーリンク


ショート法とは?

体が受精 シート法
ショート法は採卵周期からGnRHアゴニスト製剤点鼻薬を使うことにより、卵巣を刺激していく方法です。

ロング法に比べGnRHアゴニストの使用期間が短い点が特徴です。

このGnRHアゴニスト点鼻薬を使用するメリットは、卵胞を育てる卵胞刺激ホルモン(FSH)の分泌を増やし、卵胞の質を高めることです。

さらに採卵前に排卵しないよう排卵を抑制する働きもあります。

GnRHアゴニスト製剤点鼻薬を使用することにより、卵胞刺激ホルモン(FSH)と黄体化ホルモン(LH)の分泌が一時的に高まる「フレアーアップ現象」というのが起こり、良質の卵子を複数採卵できる可能性が高まります。

ショート法は、この「フレアーアップ現象」を利用して卵を短期間で育てていく方法となります。

月経が開始してからGnRHアゴニスト製剤点鼻薬を使用し、FSH、LHの分泌を高め卵胞を育ててから点鼻薬を止め、hCG注射をして採卵していきます。

ショート法のメリット

ショート法reten05-008排卵日をコントロールすることができる。
reten05-008hMG注射を打つ回数が少なくて済むのでロング法よりも体の負担にならない。
reten05-008ロング法より費用が抑えられる。
ショート法のメリットの最大の点は比較的治療期間が短期間であるということです。

排卵誘発剤の投与期間が短いため、体の負担も少なくてすみます。

また、忙しくて長期間の治療が難しいという人は、スケジュール的にも無理なく通院できるかと思います。

ショート法のデメリット

ショート法reten05-008hCG注射を使用するため卵巣過剰刺激症候群になる可能性がある。
reten05-008黄体化ホルモン(LH)の大量分泌により卵胞の質が悪くなる可能性がある。
reten05-008ロング法よりも採卵できる卵子の数が少なくなる傾向がある。
排卵誘発剤で複数の卵胞を同時に育てることにより、卵巣過剰刺激症候群になる可能性があります。

卵巣過剰刺激症候群は、卵巣全体が腫れたり、胸水などがたまる症状のことです。

また腹痛や腰痛、お腹が張る、尿が出にくくなる、息苦しくなる、吐き気などの症状もでることがあります。

一般的に、排卵誘発剤を使用した時に卵巣が敏感に反応する人ほど起こりやすいと言われています。

病院では、卵巣過剰刺激症候群の症状が出ていないかを気にしながら治療をすすめていきます。

ショート法が向いている人


ショート法 向いてる

reten05-008卵巣予備機能が高い人
reten05-00837歳以下の年齢が比較的若い人
reten05-008ロング法では卵胞の発育が不良だった人

卵巣予備機能が低下している人にショート法を行ってしまうと、GnRHアゴニストの使用によって黄体化ホルモン(LH)の分泌が必要以上に抑えられてしまい、卵子の成長が制限され採卵できない可能性がでてきます。

卵巣機能が落ちている人に排卵誘発剤を大量に投与すると刺激が強すぎて返ってマイナスとなるのですが、卵巣機能が高い人は積極的にショート法を行うことでたくさんの卵子が採れる可能性が高いです。

ショート法のスケジュール

ショート法スケジュール

不妊体外受精を行う周期の月経初日~3日目に排卵をコントロールするためのGnRHアゴニスト製剤点鼻薬を使用し始め、採卵日2日前まで使用していく。

不妊たくさんの卵子をつくるために月経3日目からhMG注射を投与していく。通常は通院して注射してもらうのですが、忙しくて毎日通院することができない場合は自宅で自分のお腹に注射することも可能です。(自己注射)

不妊GnRHアゴニスト点鼻薬、hMG注射を行っている間にも何度か病院へ通い、超音波検査や採血などで卵胞の様子をチェックしていきながら採卵日を決めていく。ショート法はロング法よりも採卵日が2日ほど早くなります。

不妊採卵日が決まったら2日前にhCG注射を投与して排卵を促していく。

不妊hCG注射を投与した36時間後くらいに、成熟した卵胞が破裂する前に採卵する。(卵子がとれたら夫の精子も採取していく)

不妊妊娠判定までの期間は黄体ホルモンを補充して、子宮内膜を着床しやすい状態に整えていく。

不妊シャーレの中で卵子と精子を受精させる。

不妊翌日、受精が確認できたら新しい培養液に移してさらに培養させる。

不妊受精卵が分割卵、または胚盤胞まで育ったら胚移植をする。

10胚移植から2週間後に尿、または血液で妊娠判定をする。

 

排卵誘発剤はいくつかの種類があり、どの方法が行われるかはその人の体の状態や検査結果をから医師が判断していきます。

排卵誘発法には向き不向きがあるため、リスクやデメリットがあることもしっかりと理解して治療に臨みましょう。

 

 

ハグクミの恵み
当サイトいちおしのマカサプリです。妊娠しやすくするために必要な栄養素が
一般的なマカと比べ十数倍も入っているため、ベビ待ちの方にとても評判が良く、
管理人の私もこのマカサプリを飲んで赤ちゃんを授かりました。
「ハグクミの恵み」の体験レビューと効果
「ハグクミの恵み」の口コミ



ベルタ葉酸サプリ
葉酸サプリ人気No1!その理由は無添加・無香料、そして天然の野菜成分が18種類も配合!
素材にこだわりぬいたベビ待ち女性に嬉しい葉酸サプリです。

ベルタ葉酸サプリ 体験レビューと効果
ベルタ葉酸サプリの口コミ

 

スポンサーリンク