完全自然周期法とは?

自然周期法

完全自然周期法は、薬や注射による排卵誘発を一切行わず、自然な月経周期で育った卵胞を採卵するという方法です。

排卵誘発をを行わないため、採卵できる卵子は通常1つとなります。

この方法は1つの良質な卵子を大事に育てていき、体に負担の少ない方法で卵巣への負担を最小限に抑えることを目的としています。

完全自然周期法で良質な卵胞を採ることができれば、卵巣や子宮にかかる負担も抑えられます。

卵巣の機能は年齢と共に低下していくのですが、機能が低下している状態に強い薬剤を使用したり、多量の排卵誘発剤を投与することで更に卵巣の状態が悪くなる危険性があります。

自然な月経周期を崩さずに卵巣や体に負担をかけないようにすることが実は1番妊娠しやすい方法なんです

自然周期こそ最も質の良い卵子ができる周期であるということが言えます。

 

 

完全自然周期法のメリット

自然周期法reten05-008薬や注射を使用しないので体への負担が少ない
reten05-008通院回数が少ない
reten05-008薬や注射を使用しないので費用が安い
reten05-008卵巣過剰刺激症候群になる可能性がほとんどない
reten05-008採卵する数が少ないので採卵時の体の負担が少ない
reten05-008卵巣に大きな負担をかけないため毎月採卵することも可能
完全自然周期法の最大のメリットは何と言っても体に負担をかけない優しい治療法ということです。

薬や注射を使用しないので通院回数も少なく、費用も他の方法に比べて安く済みます。

また、卵巣過剰刺激症候群(OHSS)になる可能性がほとんどないというのも大きなメリットとなります。

 

 

完全自然周期法のデメリット

自然周期法reten05-008採卵できる数が1個の為、受精や分割がうまくいかず
胚移植や凍結ができないことがある
reten05-008移植できなかったり妊娠しなかった場合、再度採卵からやり直しになる
reten05-008採卵前に自然排卵が起こってしまう可能性がある
reten05-008いつ採卵になるか直前にならないとわからないため
予定が立てにくい
月経周期が整っている人でないと、採卵時期の正確なタイミングを見つけるのが難しいです。

完全自然周期法は体への負担が少ない治療法なのですが、排卵卵胞の成長が途中で止まってしまったり、採卵前に排卵する可能性があるため治療がキャンセルになることもあります。

また、自然周期で採れる卵子は通常1つになるため、受精卵が育たずに移植できなかったり、移植できても妊娠しなかった場合はもう一度採卵からやり直しになってしまい、身体的や精神的に負担を感じる人もいます。

 

 

完全自然周期法はこんな人に向いている

自然周期法 むいている人

reten05-008卵巣機能が低下している人
reten05-008年齢が高齢の人
reten05-008他の方法で妊娠できなかった人
reten05-008採卵で採れる数が3個以下の人

 

年齢が40歳の高齢の人でも完全自然周期法によって妊娠するケースをよく聞きます。

ロング法やショート法は排卵誘発剤を使用して1度の採卵にたくさんの卵子をとる方法ですが、このような方法はたくさんの卵子があるからこそできる方法なんです。

40歳以上の高齢になると卵子自体が少ない状況なので、そのような人にロング法やショート法を行っても卵子が全く採れないということもあります。

卵子が少ない高齢の人はたくさん卵子を採る方法よりも1つの良好な卵子を採ることが有効という場合もあるんです。

 

 

完全自然周期法のスケジュール

自然周期法スケジュール

 

 

※診察日や採卵日は目安です。状況によって日にちが変わります。

 

不妊体外受精周期の月経3日目くらいに病院へ行き1回目の診察。卵胞の大きさや数のチェック、AMHの計測などをしていきます。自然周期法では薬は使用しないため、卵胞が自然に成長するのを見守ります。

不妊月経8日目頃に2回目の診察。卵胞の発育状況を確認し、ホルモン検査をすることもあります。早い人はこの時点で採卵日が決まります。

不妊超音波やホルモン検査により卵胞の発育が悪い場合は数日後に3回目の診察を行う。数回の診察後、主席卵胞の大きさと女性ホルモン値を確認して最適な状態なら採卵日を決定。

不妊ホルモン検査の結果、排卵を促す黄体化ホルモン(LH)が上昇していない場合はブセレキュア(GnRHアゴニスト)点鼻薬を使用して黄体化ホルモンの値を上昇させる。

不妊ブセレキュア点鼻薬を使用してから2日後に採卵する。黄体化ホルモン値が予定より早く上昇した場合は採卵予定日の前日に採卵を行うこともあり。

不妊妊娠判定までの期間、黄体ホルモンを補充して子宮内膜を着床しやすい状態に整える。

不妊シャーレの中で卵子と精子を受精させる。

不妊翌日、受精が確認できたら新しい培養液に移してさらに培養させる。

不妊受精卵が分割卵、または胚盤胞まで育ったら受精卵を胚移植する。

10胚移植から2週間後に尿、または血液で妊娠判定を行う。

 

 

 卵子の数は妊娠率に影響する?

卵子の数

完全自然周期法の場合、1回の採卵でとれる卵子が少ないため、出産に繋がる確率も低いという声もあります。

たしかに、薬を使用すれば採卵でとれる卵子の数も多くなりますが、卵子の数が多ければいいというものではないんです。

妊娠するために大切なことは、「質の良い卵子」であることが大事なんです。

薬を使用してたくさんの卵子がとれたとしても、全て質の悪い卵子だったら妊娠まで繋げることは難しくなりますよね。

1つしか卵子がとれなくても、その卵子の質が良ければ、妊娠する確率は上がるんです。

完全自然周期法は、注射などを行わずに1つの質の良い卵子を大事に育てていき、体に負担の少ない方法で卵巣への負担を最小限に抑えて着床しやすい状態へもっていく方法です。

そして、体への負担や経済的負担を抑えるなど様々なメリットもありますが、デメリットもあるということをよく理解して治療をすすめていきましょう。

 

 

ハグクミの恵み
当サイトいちおしのマカサプリです。妊娠しやすくするために必要な栄養素が
一般的なマカと比べ十数倍も入っているため、ベビ待ちの方にとても評判が良く、
管理人の私もこのマカサプリを飲んで赤ちゃんを授かりました。
「ハグクミの恵み」の体験レビューと効果
「ハグクミの恵み」の口コミ



ベルタ葉酸サプリ
葉酸サプリ人気No1!その理由は無添加・無香料、そして天然の野菜成分が18種類も配合!
素材にこだわりぬいたベビ待ち女性に嬉しい葉酸サプリです。

ベルタ葉酸サプリ 体験レビューと効果
ベルタ葉酸サプリの口コミ

 

スポンサーリンク