低刺激法とは?

低刺激法

低刺激法は、注射などを使用せずに自然に成長する卵胞を自分の力、もしくは低用量の排卵誘発剤(クロミッドなど)を使用して卵胞を育て採卵をする方法です。

注射をほとんど使わずにクロミッドなどの飲み薬の服用が主となります

体外受精で行われる排卵誘発方法はロング法やショート法などの高刺激法と低刺激法に分かれます。

低刺激法は体に負担の少ない方法で卵巣への負担を最小限に抑えることを目的としています。

ただし、卵胞の発育が悪い場合には1~2回程、HMG注射を使用することもあります。

自然周期法は通常1つの卵子しか採れないのですが、低刺激法は自然周期よりは採卵できる卵子が多いため、自然周期より受精卵も多くつくられる可能性があります。

リスクやメリットなどを考えても自然周期法とロング法やショート法などの高刺激法の中間的な方法となります。

低刺激法で良質な卵胞を採ることができれば、卵巣や子宮にかかる負担も抑えられます。

自然な月経周期を崩さずに卵巣や体に負担をかけないようにすることが実は1番妊娠しやすい方法なんです。

 

 

低刺激法のメリット

自然周期法reten05-008主に飲み薬を使用していく方法なので体への負担が少ない
reten05-008通院回数が少ない
reten05-008卵巣の刺激が穏やか
reten05-008注射や点鼻薬を使用しないので費用が安い
reten05-008卵巣過剰刺激症候群になる可能性がほとんどない
reten05-008採卵する数が少ないので採卵時の体の負担が少ない
reten05-008卵巣に大きな負担をかけないため毎月採卵することも可能
自然周期法の最大のメリットは何と言っても体に負担をかけない優しい治療法ということです。

排卵誘発効果が穏やかに伝わるので卵巣への刺激が少ないです。

また、飲み薬を主にしているので通院回数も少なく費用も他の方法に比べ安く済みます。

体外受精では排卵誘発や採卵だけではなく、その他検査や移植費用など多くのコストがかかりますので、通院費や薬代などだけでも抑えられるのはかなり大きいですよね。

また、卵巣過剰刺激症候群(OHSS)になる可能性がほとんどないというのも大きなメリットとなります。

 

 

低刺激法のデメリット

自然周期法reten05-008採卵で採れる卵子が高刺激法に比べると少ない
reten05-008高刺激法に比べて、再度採卵になる可能性が高い
reten05-008採卵前に自然排卵が起こってしまう可能性がある
 

低刺激法では1回の採卵で採れる卵子の数は多くて4個~5個、通常は1個~4個になります。

ロング法やショート法などの高刺激法に比べ採れる卵子が少ないため、受精卵が育たずに移植できなかったり、移植できても妊娠しなかった場合は再び採卵から行わなくてはいけないというリスクがあります。

また、高刺激法で多くの卵子が採れた場合は、余った卵子を凍結保存しておくことができますが(余剰胚)、低刺激法では採れる卵子が少ないので余る可能性は低いです。

第二子の可能性を考えた時は余剰胚を凍結しておいた方が良いと考える人もいます。

また低刺激法で排卵誘発する場合、自然排卵してしまい採卵できないケースもあります。

 

 

低刺激法はこんな人に向いている

低刺激法

reten05-008卵巣機能が低下している人
reten05-008年齢が比較的高齢の人
reten05-008他の方法で妊娠できなかった人
reten05-008採卵で採れる数が3個以下の人

 

低刺激法は年齢が高く、卵子の質が低下している人にも適している方法です。

年齢と共に卵子の質や数が低下していく傾向にあります。

このような人にショート法やロング法などの高刺激法を行って卵子の数を増やそうとしても、年齢によって卵巣機能が低下していれば、たくさんの数の卵子を育てることができないんです。

その場合は低刺激により、自然に起こる機能の働きかけを行った方が良い結果になることも多くあります。

 

 

低刺激法のスケジュール

低刺激法スケジュール

 

 
※採卵日などは目安になり状況によって変わります。

 

不妊体外受精周期の月経3日目から5日間連続してクロミフェン(クロミッドなど)の飲み薬を服用する。

不妊飲み薬を服用しながら、超音波検査で卵胞の大きさや数をチェックしていくと同時に採血をしてホルモン値をみていく。

不妊超音波やホルモン検査により卵胞の発育が悪い場合は1~2回程hMG注射を打っていく。

不妊hMG注射を打った後も、超音波やホルモン検査をして卵胞の発育状態をみていき採卵日を決定する。

不妊成熟した卵胞が破裂する前に採卵する。(卵子がとれたら夫の精子も採取していく)

不妊妊娠判定までの期間、必要であれば黄体ホルモンを補充して子宮内膜を整え、着床しやすい状態にする。

不妊シャーレの中で卵子と精子を受精させる。

不妊翌日、受精が確認できたら新しい培養液に移してさらに培養させる。

不妊受精卵が分割卵、または胚盤胞まで育ったら受精卵を子宮の中に戻す。(胚移植)

10胚移植から2週間後に尿または血液で妊娠判定を行う。

 

 

低刺激法について理解して頂けたでしょうか?

低刺激法は高刺激法に比べ、強い薬を使わずにクロミフェンなどの排卵誘発剤だけを使用していくため、体の負担が少ないのが特徴です。

しかし、その一方で高刺激法よりも採卵で採れる卵子の数が少なく、採れた卵子が受精しなかったりと移植までたどりつかないこともあります。

その場合は、もう一度採卵から行わなけばいけないため、結局は体に負担がかかってしまうんです。

どの方法が合うかどうかは、その人の体の状態や検査結果から医師が選択していきますが、本当に合うか合わないかは、正直なところ実際に行ってみないとわかりません。

1つの方法でうまくいかなかった人でも違う方法を行ったらすぐに妊娠したというケースも多くありますので、諦めずにチャレンジすることが大切です。

 

 

ハグクミの恵み
当サイトいちおしのマカサプリです。妊娠しやすくするために必要な栄養素が
一般的なマカと比べ十数倍も入っているため、ベビ待ちの方にとても評判が良く、
管理人の私もこのマカサプリを飲んで赤ちゃんを授かりました。
「ハグクミの恵み」の体験レビューと効果
「ハグクミの恵み」の口コミ



ベルタ葉酸サプリ
葉酸サプリ人気No1!その理由は無添加・無香料、そして天然の野菜成分が18種類も配合!
素材にこだわりぬいたベビ待ち女性に嬉しい葉酸サプリです。

ベルタ葉酸サプリ 体験レビューと効果
ベルタ葉酸サプリの口コミ

 

スポンサーリンク