妊娠するためにまず必要なことはきちんと排卵させること。

排卵が起こらなければ何も始まりませんよね。

不妊治療の第一段階はタイミング法ですが、医師の指導の元にタイミングをとっても、なかなか妊娠しない場合があります。

そのような場合は排卵誘発剤を使ったタイミング指導が行われることもあります。

まだ不妊治療の知識がない人にとっては「排卵誘発剤って何?」と疑問に思いますよね。

ここでは、排卵誘発剤を使うとどのような効果が期待できるのか、また副作用やリスクはないのか、などをご紹介していきます。

スポンサーリンク


排卵誘発剤とは?

排卵誘発剤

排卵誘発剤とは、その名の通り排卵を促す薬のことで不妊治療で最もよく使われる薬です。

タイミング法だけではなく、人工授精や体外受精でも幅広く使われています。

排卵誘発剤は卵胞刺激ホルモン(FSH)や黄体化ホルモン(LH)の分泌を正常に整える作用があるため、排卵しずらい、排卵しないといった排卵障害や黄体機能不全の治療で使われることが多いです。

排卵誘発剤には飲み薬と注射の2種類があり、注射の方が効果が強いのですが副作用も出やすくなるため、まずは飲み薬で様子をみて効果が感じられなければ注射に変えるというのが一般的です。

排卵誘発剤を使ったタイミング法の効果

タイミング法 排卵誘発

タイミング法を行っている人の中には排卵しずらい、排卵していないという症状が現れる人がいます。いわゆる排卵障害ですね。

このような人は排卵誘発剤を使用して卵を育てていくのが有効です。
妊娠するためには卵がしっかりと育ち、排卵が起きなくては始まりません。

排卵誘発剤で卵巣の働きを助けることで周期が整い、卵がしっかりと育つようになります。

また、排卵がちゃんとあっても基礎体温の高温期が平均よりも短かったり、低温期が長かったりする人がいます。

これはプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌不全などが理由で、子宮内膜が着床しやすい状態になっていないことで起こります。

排卵誘発剤は黄体機能の分泌を改善させる効果もあり、使用することで月経周期が整い、卵がきちんと育つようになるんです。

そのようなことから、排卵誘発剤を使うと黄体ホルモンが分泌され、高温期が安定するようになるんです。

または黄体ホルモン製剤(ルトラール、デュファストン)を使用して黄体ホルモンの分泌を促し、着床しやすい子宮内膜に整えるという方法もあります。

せっかく排卵、受精しても最後の着床ができなければ妊娠には至りません。

しかし排卵誘発剤や黄体ホルモン製剤を使用することで着床しやすい状態に変えてくれるというわけですね。

このように排卵障害や黄体機能不全がある人はタイミング法と一緒に排卵誘発剤を使用することで妊娠率がグッと上がりますので、是非試してみてください。

排卵誘発剤を使用したタイミング法を半年ほど行っても妊娠しなければ人工授精(場合によっては体外受精)へとステップアップしていくのが一般的です。

タイミング法でよく使われる排卵誘発剤

タイミング法 排卵誘発

タイミング法では良い卵を育てる目的で排卵誘発剤を使用することも多いです。

飲み薬と注射の2種類がありますが、まずは飲み薬で様子を見て効果がみられなければ注射をしていきます。

飲み薬の中でも最もよく使われるのが「クロミフェン(クロミッド、セロフェン)」という誘発剤です。

これらは卵を育てる薬で自力で卵胞が育たない、 排卵していない、排卵しづらいといった場合に使われます。

クロミフェンを服用すると自分の体の中のFSHというホルモンが多めに作られて、そのFSHが卵巣を刺激するという仕組みとなっています。

他にもシクロフェニル(セキソビット)という薬もあります。

シクロフェニルは排卵誘発剤の中でも効き目が弱いため、最初の段階で使わることも多く、シクロフェニルで試して効果がなければ効きめの強いクロミフェンに変えるという病院もあります。

そしてクロミフェンでも効果が感じられなければ、卵巣を刺激して卵胞を育てるhMG製剤やFSHなどの注射に切り替えます。

注射は卵巣を直接刺激するため効きめも強いです。

そして卵胞が成熟したところで次にhCGを注射し排卵を促します。

hCGとは排卵を促す注射で、成熟した卵胞を確実に排卵させるための目的で使用します。hCGを投与すると36時間~48時間後に排卵が起こります。

排卵誘発剤のデメリットとは?

排卵誘発 デメリット

排卵誘発剤には飲み薬と注射の2種類あります。

注射の方が効果が強いのですが副作用も出やすくなるため、まずは飲み薬で様子をみて効果が感じられなければ注射に変えるというのが一般的です。

飲み薬は比較的穏やかな効き目ですが、副作用も少なく安全性が高いと言われています。

それに比べ注射は卵巣を直接刺激するため効果が高いものの、副作用も強いとされているんです。

排卵誘発剤の治療の副作用として言われているのが、卵巣過剰刺激症候群(OHSS)や多胎妊娠です。

卵巣過剰刺激症候群(OHSS)は卵巣全体が腫れたり、胸水などがたまり症状のことです。

これは注射を行った人の約10%にみられ、卵巣が大きくなるにつれて、下腹部が重苦しく、膨満感や不快感、痛みなどを引き起こす症状です。

また、卵子がたくさん排卵され受精すれば、多胎妊娠の可能性も高くなります。

注射による排卵誘発剤を使用する場合は、これらの副作用がでる可能性もあることをよく理解し、医師からもしっかりと説明してもらうことです。

 

ハグクミの恵み
当サイトいちおしのマカサプリです。妊娠しやすくするために必要な栄養素が
一般的なマカと比べ十数倍も入っているため、ベビ待ちの方にとても評判が良く、
管理人の私もこのマカサプリを飲んで赤ちゃんを授かりました。
「ハグクミの恵み」の体験レビューと効果
「ハグクミの恵み」の口コミ



ベルタ葉酸サプリ
葉酸サプリ人気No1!その理由は無添加・無香料、そして天然の野菜成分が18種類も配合!
素材にこだわりぬいたベビ待ち女性に嬉しい葉酸サプリです。

ベルタ葉酸サプリ 体験レビューと効果
ベルタ葉酸サプリの口コミ

 

スポンサーリンク