タイミング法は不妊治療を行う上での第一段階の治療です。

基礎体温をつけて自己流で排卵日を特定しても、なかなかうまくいかないものです。

病院で行うタイミング法は超音波検査、ホルモン検査などで正確な排卵日を特定することが可能となります。

ここでは、病院で行うタイミング法とはどういうものなのか?排卵日を予測する方法などを詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク


タイミング法とは?

タイミング法

タイミング法とは病院で排卵日を予測してもらい、それに合わせて自宅で性交を行う治療法です。

超音波や尿中のホルモン検査をすることで、正確な排卵日を予測して自然妊娠する確率を上げていきます。

病院へ通わずに自分で排卵時期を特定しようとしても、なかなか正確に特定するのは難しいものです。

素人が自己流でやろうとすると排卵日が予想よりずれていたり、性交のタイミングを逃したりとうまくいかないことも多くあります。

その点、病院でしたら超音波やホルモン検査などで卵胞が育っている様子も知ることができるので、より正確に排卵のタイミングを知ることができますよ。

病院で排卵日を予測する方法

排卵日予想

病院ではどのように排卵日を予測していくのでしょうか?

いつくかの検査方法がありますので1つずつ紹介していきます。

check14 超音波検査

超音波検査とは超音波で子宮や卵巣の状態を観察する検査です。

また、子宮の形が正常か、子宮筋腫や卵巣嚢腫は無いか、子宮内膜の厚さ、卵胞の発育状態などを確認することができます。

卵胞は1日に1.5~2mmずつ大きくなり、排卵に向かい成長していきます。

そして、だいたい直径18mm~22mm位になると排卵します。

超音波では卵胞の大きさを測ることができるので、排卵が予測がしやすいんです。

中には卵胞が成熟しても排卵しないものがあります。(未破裂黄体化卵胞)

しかも、その状態であっても基礎体温は上がるため、基礎体温を測っただけでは本当に排卵したかどうかはわかりません。

その点、超音波検査でしたら卵胞の様子を見て、きちんと排卵しているかどうかを確認することができます。

check14 尿中(血液)ホルモン検査

尿中や血液中のLH(黄体化ホルモン)の値を調べる検査です。

排卵はLHが脳下垂体から大量に放出されることが引き金になって起こります。

そのため排卵前になると、LHサージと言ってLHが急激に上がります。

通常はLHサージから24時間~36時間で排卵が起こると言われているので尿中検査、または血液検査などでLHの値を測って排卵日を予測していきます。

check14 頸管粘液検査

頸管粘液とは”おりもの”のことです。

頸管粘液は排卵日が近くなるにつれて状態や量が変わってくるので、それを見て排卵日が近いことを予測していきます。

排卵日が近くなると頸管粘液の量は増え、透明で伸びるものに変わっていきます。

また、排卵が近づくとエストロゲンという女性ホルモンが増え、頚管粘液にシダ状の結晶が現れるため、場合によっては頸管粘液を顕微鏡を使って調べることもあります。

妊娠しやすいタイミングは排卵前

妊娠 排卵前

妊娠の確率を高めるには排卵期に性交することが必須となります。

まずは正確な排卵日を調べてもらい妊娠するチャンスを増やしていきましょう。

精子の寿命は卵子の寿命よりも長いので(精子は2日~3日位、卵子は24時間位)排卵する前に性交し、精子が卵子を待っている状態の方が妊娠する確率が上がると言われています。

妊娠しやすさのピークは排卵日前になるので、排卵の4日前から妊娠の可能性が上がっていき、最も妊娠しやすいタイミングは排卵の2日前~前日になります。

妊娠しやすさのピークは排卵日より前にあることを覚えておくことが大事です。

だいたい排卵予測日の2日前~前日に性交のタイミング指導を行うことが多いですが、さらに排卵日当日にも性交のタイミングを指導することもあります。

病院では検査をすることで、より正確な排卵日を予測して性交のタイミングを指導していきます。

35歳以上の人はタイミング法を飛ばすのも1つの選択

35歳以上 妊娠

タイミング法は不妊治療の第一段階の治療法ですし、体外受精などに比べてお金がかからないため年齢が若い人なら試して価値はあると思います。

しかし、女性の年齢が35歳以上の場合は年齢的に余裕がないためタイミング法を省略して人工授精、または体外受精を行う人も増えています。

もし、35歳~39歳の人で、それでもタイミング法に挑戦したいのでしたら数か月行ってみるものいいと思います。

現に、35歳以上の人でもタイミング法で妊娠している人は数多くいます。

ただ、数か月タイミング法を行っても妊娠に至らない場合は、早めに次の段階へと進んだ方が良さそうです。

女性が妊娠できる年齢には限りがあるのはよく知っていることかと思います。

タイミング法に妊娠可能な大事な時期を多く使ってしまい「もっと早くステップアップしておけばよかった」という後悔はしてほしくないと思っています。

年齢が40歳を超えているのであれば、タイミング法や人工授精も思い切って飛ばしてしまい、いきなり体外受精をした方が結果的に早く妊娠できる可能性もあります。

高齢になると治療の進め方も悩むところですが、どの治療を行っても後悔のないように医師の意見も聞き入れながら、その時のベストな治療を行っていきましょう。

ハグクミの恵み
当サイトいちおしのマカサプリです。妊娠しやすくするために必要な栄養素が
一般的なマカと比べ十数倍も入っているため、ベビ待ちの方にとても評判が良く、
管理人の私もこのマカサプリを飲んで赤ちゃんを授かりました。
「ハグクミの恵み」の体験レビューと効果
「ハグクミの恵み」の口コミ



ベルタ葉酸サプリ
葉酸サプリ人気No1!その理由は無添加・無香料、そして天然の野菜成分が18種類も配合!
素材にこだわりぬいたベビ待ち女性に嬉しい葉酸サプリです。

ベルタ葉酸サプリ 体験レビューと効果
ベルタ葉酸サプリの口コミ

 

スポンサーリンク