タイミング法は1周期の中で全てを行っていきますので、その月に良い結果が出来なくてもすぐに次の周期から再スタートできるのが特徴です。

では1周期の中でタイミング法はどのような流れで行われていくのでしょうか?

排卵日前に超音波検査やホルモン検査をすること以外は自分で排卵日を予測する方法と基本的には同じです。

ここでは、タイミング法の流れをより詳しく知りたいという方にタイミング法を行う基本的な流れをご紹介していきます。

スポンサーリンク


1、ある程度の排卵日を予測し病院へ行く(月経開始10日目~12日目)

排卵日予測

自分で基礎体温を測り、それをもとにある程度の排卵日を予測していきます。

基礎体温を数か月つけていれば、自分の月経サイクルのリズムがわかってくるので「排卵日はだいたいこのあたりになるかな?」という予測はつきます。

そして、排卵日前に病院へ行きます。

通常でしたら月経が始まってから14日目前後に排卵が起こる場合が多いので月経開始日から10日目~12日目あたりに病院へ行くといいと思います。

月経周期は人によって様々なので、必ずしも14日目前後に排卵が起こるとは限りません。

その場合は医師に確認したうえで自分の周期に合わせて少し早めに行ったり遅めに行ったりして調節しましょう。

事前に医師から「月経〇日目に来てください」と言われることも多くあります。

2、超音波検査、ホルモン検査などを行う(月経開始10日目~12日目)

超音波検査

排卵日をある程度予想して病院へ行ったら、超音波検査やホルモン検査などを行い排卵日を特定していきます。

卵胞は1日に1.5mm~2mmずつ大きくなり、直径18mm~22mmくらいになると排卵しますので、まずは卵胞の大きさをチェックします。

それと同時に子宮内膜の厚さもチェックしていきます。

子宮内膜は排卵日が近づくにつれ厚くなり10mm前後になるので、これも超音波検査で確認できます。

更には、尿中や血液検査などのLH(黄体ホルモン)の値を調べていきます。

LHは排卵日近くになると急激に上がってくるホルモンなのでその値を調べることで排卵日予測ができます。

頸管粘液の量などもチェックしていきます。

このような検査をして、医師は排卵日を予想、特定していくことになります。

3、性交をする(排卵日2日前~当日)

性交 不妊治療

検査によって医師が予想した排卵日を元に性交します。

精子の寿命は2日~3日で卵子の寿命は24時間くらいと言われています。

精子の寿命の方が卵子の寿命よりも長いため、排卵前に性交を行って精子が卵子を待っている状態の方が妊娠率が高くなるということですね。

妊娠しやすさのピークは排卵前にあります。

排卵の4日くらい前から妊娠の可能性が上がっていき、最も妊娠しやすいのは排卵2日前~前日と言われているため、病院でもその時期のタイミングを指導されることが多いです。

だいたい排卵日の2日前から前日に性交するよう指導され、更に排卵日当日にもう一度性交するようにと指導を受けることもあります。

男性は3~4日は禁欲して精子を蓄えておきましょう。

4、排卵、黄体機能の確認(月経開始16日目~26日目)

不妊検査

無事に性交が行われたら、月経開始16日目~26日目くらいの間にもう一度病院へ行き、超音波検査でちゃんと排卵が行われたかを確認します。

さらに子宮内膜が厚くなっているかを確認。

子宮内膜が厚くなっていないと受精卵が着床しにくくなるので、もし厚くなく黄体機能が低下しているようであれば黄体ホルモンの補充を行います。

5、妊娠判定(排卵から約2週間後)

妊娠検査

次の月経開始予定日を2~3日過ぎても月経が始まっていなければ妊娠判定を行ってみましょう。

タイミング法の場合は妊娠判定を自分で行う場合が多いので自宅で妊娠検査薬などを使い試してみましょう。

病院で判定する場合は血液中のhCG(妊娠した時に出てくるホルモン)の数値を測り妊娠判定を行います。

 タイミング~妊娠判定までのストレスに注意!

妊活 ストレス

病院の指導によるタイミングが無事に終わり、あとは妊娠判定を待つだけ。

「今度こそは妊娠できますように」「今頃受精したかな?」「今頃着床したかな?」など、私は毎回こんなことばかり想像して妊娠を期待していました。

この間の2週間はとても長く感じ期待と不安で頭がいっぱいのことと思います。

些細なことまで気になってしまう気持ちはとてもよくわかりますが、受精~着床までの大事な時期ですので、なるべく気持ちを落ち着かせてリラックスして待つことが大切です。

この時期の過度なストレスは血流の乱れを引き起こし、冷えを招いてしまう恐れがありますので注意です。

冷えは不妊の大敵です。

体が冷えてしまうと、酸素や栄養が子宮に行き渡らなくなってしまうので良い子宮内膜がつくられなくなってしまうんです。

子宮内膜は妊娠するためにはとても重要で、子宮内膜が厚くてフカフカの状態に準備されないと受精卵は着床できません。

ベストな時期にタイミングをとっても、ストレスにより妊娠に至らないというのはとても残念ですよね。

そうならないためにも、妊娠判定までの時期はなるべく穏やかに過ごしましょう。

多少のストレスはみんなあるもの。大事なのはストレスを抱えた時に上手に発散できるかどうかだと思います。

 

 

ハグクミの恵み
当サイトいちおしのマカサプリです。妊娠しやすくするために必要な栄養素が
一般的なマカと比べ十数倍も入っているため、ベビ待ちの方にとても評判が良く、
管理人の私もこのマカサプリを飲んで赤ちゃんを授かりました。
「ハグクミの恵み」の体験レビューと効果
「ハグクミの恵み」の口コミ



ベルタ葉酸サプリ
葉酸サプリ人気No1!その理由は無添加・無香料、そして天然の野菜成分が18種類も配合!
素材にこだわりぬいたベビ待ち女性に嬉しい葉酸サプリです。

ベルタ葉酸サプリ 体験レビューと効果
ベルタ葉酸サプリの口コミ

 

スポンサーリンク