不妊治療、他の人はどのタイミングでやめた?

不妊治療を行ったからと言って、全ての人が妊娠できるわけではありません。
残念ながら、いくら頑張っても妊娠できない人もいます。

その場合はどこかで治療をやめることを考えなくてはならない日が
来るかもしれません。

一般的に不妊治療を始めてから妊娠に至るまでの平均期間は2年と
言われています。

そして3年を超えると妊娠率も低下していくことから、不妊治療を2年~3年行い、
それでも妊娠に至らなかった場合、治療のお休みや中止を話し合う夫婦も
出てくるようです。

それ以外にも
round02-009 40歳の誕生日までと決めていた
round02-009 体外受精を5回やって治療お休み期間に「夫婦二人の人生を楽しもう」と思えたから
round02-009 あらかじめ費用のリミットを決めていた
round02-009 養子縁組を視野に入れることを決めたから
など、不妊治療をやめると決めたタイミングは人それぞれのようです。

不妊治療を行う上で経済的負担はとても大きなものになってきます。
治療を続けたくても経済的な理由で続けられないという夫婦も少なくありません。

そのような夫婦はあらかじめ治療で使う費用を決めている場合が多いのでは
ないでしょうか?

そして妊娠するためにとっての大きな壁は「年齢」です。
年齢を重ねれば重ねるほど妊娠力は低下し、卵子の老化も進んできます。

特に35歳過ぎると妊娠力はどんどん低下し、40歳を超えると体外受精でも妊娠は
難しくなるとも言われています。

このようなことから年齢を治療のリミットに考える人も多くいます。

不妊治療をやめるタイミングは夫婦でよく話し合って決めることが大切です。
不妊治療に対する今の率直な気持ちを伝え、お互い理解し合っていきましょう。

 

 

不妊治療は「出口の見えないトンネル」

「結婚したらすぐに妊娠できるものかと思っていたのに、なかなか妊娠せず
不妊治療に通っても妊娠しない・・・」

このような状況にどう対処したらいいのか悩んでいる人も少なくありません。

不妊治療は出口の見えないトンネルとよく言われています。
「一体いつまで治療を続ければ出口が見えるのか」
「このまま治療を続けるべきなのだろうか」

治療をしてもなかなか結果が出ないと不安になったり、辛くなったり
することもたくさんあります。

しかし、妊娠のことばかりを考えてネガティブになっていることが
逆に妊娠を妨げていることだってあるんです。

赤ちゃんが授からないことでの不安や辛さは到底他の人にわかるような
ものではありません。

しかし、あまりにもネガティブになっていると、妊娠できるものもできなくなる
可能性も出て来ますので、できるだけうまく気持ちをコントロールして
ポジティブな毎日を送ることが大切です。

 

 

ハグクミの恵み
当サイトいちおしのマカサプリです。妊娠しやすくするために必要な栄養素が
一般的なマカと比べ十数倍も入っているため、ベビ待ちの方にとても評判が良く、
管理人の私もこのマカサプリを飲んで赤ちゃんを授かりました。
「ハグクミの恵み」の体験レビューと効果
「ハグクミの恵み」の口コミ



ベルタ葉酸サプリ
葉酸サプリ人気No1!その理由は無添加・無香料、そして天然の野菜成分が18種類も配合!
素材にこだわりぬいたベビ待ち女性に嬉しい葉酸サプリです。

ベルタ葉酸サプリ 体験レビューと効果
ベルタ葉酸サプリの口コミ

 

スポンサーリンク