妊娠するまでの期間は?

不妊治療経験者がどれ位の期間で妊娠に至ることができたのかという
ある病院のデータをご紹介します。
round02-009  ~5ヶ月・・・3.8%
round02-009 6~11ヶ月・・・16%
round02-009 1年~1年5ヶ月・・・19%
round02-009 1年半~1年11ヶ月・・・10.6%
round02-009 2年~2年5ヶ月・・・19.8%
round02-009 2年半~2年11ヶ月・・・14.5%
round02-009 3年~3年5ヶ月・・・4.5%
round02-009 3年半~3年11ヶ月・・・5.3%
round02-009 4年~4年5ヶ月・・・6.1%
 
(※回答者の平均年齢は34歳、妊娠時の治療法はタイミング法18%、人工授精16%、
体外受精21%、顕微授精45%です。)
このように見ると治療を始めてから1年半以内に妊娠した人も多く、
全体の治療期間の平均は約2年でした。

治療期間が3年を超えると妊娠率が低下することから、多くの人が3年以内には
妊娠できていることがわかります。

 

 

不妊治療いつまで続ければいいの?

長引きやすい不妊治療。
「一体いつまで続ければ妊娠できるの?」と不安を抱えている人は
少なくありません。

不妊の原因はとても複雑で、治療も一筋縄ではいきません。
不妊検査をしても原因がわからない場合もありますし、原因に対する
治療をしたにも関わらず妊娠できない人もいます。

不妊治療をしたら100%妊娠できるということは言えないため、多くの人が
不安を抱えながらも見えないゴールに向かって治療を行っているのです。

妊娠をするには1ヶ月に1度やってくる排卵が頼りとなります。
この排卵のチャンスを逃さないように、その時の体に合った治療法を
行っていくのですが、それでもなかなか妊娠するのは難しいんです。

排卵のチャンスは1年間で12回です。
12回って意外と少ないですよね?
治療を続けていくとあっという間に1年経ってしまうこともよくあるため、
不妊治療は長期化しやすいと言われています。

上のデータからもわかるように不妊治療を始めてから妊娠に至るまでの
平均期間は2年です。

そして3年を超えると妊娠率が低下することから、不妊期間は2年~3年行い、
それでも妊娠に至らなかった場合、治療のお休みや中止を話し合う夫婦も
出てきます。

また、長期に渡り結果が出ない場合は、医師の方から治療のお休みを
提案することもあります。

しかし、これは「妊娠を諦めなさい」ということではなく、心と身体を
リフレッシュさせてから再チャレンジするのも一つの方法だと考えるからです。

医師から提案されたからといっても、治療のお休みや中止はあくまでも
夫婦二人で決めること。

お互いが納得のいくまで話し合い、いつまで続けるかなどを決めていきましょう。

 

 

ハグクミの恵み
当サイトいちおしのマカサプリです。妊娠しやすくするために必要な栄養素が
一般的なマカと比べ十数倍も入っているため、ベビ待ちの方にとても評判が良く、
管理人の私もこのマカサプリを飲んで赤ちゃんを授かりました。
「ハグクミの恵み」の体験レビューと効果
「ハグクミの恵み」の口コミ



ベルタ葉酸サプリ
葉酸サプリ人気No1!その理由は無添加・無香料、そして天然の野菜成分が18種類も配合!
素材にこだわりぬいたベビ待ち女性に嬉しい葉酸サプリです。

ベルタ葉酸サプリ 体験レビューと効果
ベルタ葉酸サプリの口コミ

 

スポンサーリンク